2014年04月11日

それは鹿ですか?冷蔵庫ですか?

こんにちは象です。

今日は御山でやったボードゲーム「テレストレーション」のお話です。
このゲーム、詳しくはggrks。
要は各個人がそれぞれのお題にそってお絵かきをする→隣の人に回す→それを見て答えを書く→さらに隣の人がその答えに沿って絵を描く。(以下人数が一周するまで繰り返す)
で、正しく伝わっていればポイント獲得。
ポイントが高い人が勝ち。
というお絵かきのゲームです。

当山はその山の都合上お絵かきが得意なメンバーが多いです。
それそのものが仕事だったり、美術系の学校に行っていたり…。

そんな御山のメンバー6名でやりました。
詳細な内訳は
・グラフィッカーx4
・きつねどん(美術系出身)
・象(美術の成績は基本的に2)

一匹ゲームクラッシャーが混ざってるよ!

あのね、本当に象さんは絵心がないのです。本当、全く。
しかもはいだ先生のような超カオスという訳ではなく、普通に下手。
芸術系に向いてないと思ったから早々に見切りをつけて学問に行ったので高校以降美術は一切触ってない。

一応インテリ野性児なので絵画とかそういうのはある程度知ってますよ?
とはいえ知っている=描けるなら今頃絵描きが街中にあふれているわ。

しかも。
このゲームの指定はお題はたくさんあるのです。
海豚とか恐竜とかね。
で、その流れの中に
お題:インターネット(え?それ絵にできるの?
お題:浮気(絵にできないって!!

そりゃもうカオスでしたわ。
案の定インターネットはパソコンになる。(そりゃパソコンの絵が描いてあれば誰だってパソコンって思うでしょ?
親孝行?がお年玉になったり。(渡す絵がどちらにも取れる絵だったので逆になったのです。)

しかーし。
ポイントカウント方式のうち
・お題と答えがあっている。
・回答者の中で一番気に入った回答をした人にポイント
・回答者の中で一番気に入った絵を描いた人にポイント
というやさしいルールを導入したせいか象さん2位でしたよ!

象程度の絵心でも伝えられる簡単なお題が当たったことと、絵に味があるとの評価を頂いたおかげですw

このゲーム、もう一度やりたいか?といわれたら自分の酷いお絵かきを見たくないので嫌ですが面白いか面白くないかで言えば大変面白いです。
絵を描く時間制限があるため時間もそこまで食わないし、絵の上手さより伝わることの方が大事なので絵が全くの苦手でも特徴さえとらえておけば意外と伝わるので絵が描けなくても其れなりに楽しめます。

ボードゲームやりたい!という層よりはボードゲームにちょっと興味があるよ!という層を引き込むのに使ったり、丁度今くらいの時期のそこまで仲良くなり切れてない人たちとの懇親目的でやるくらいが楽しめると思います。
posted by 狐 at 23:35
"それは鹿ですか?冷蔵庫ですか?"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。