2014年03月29日

本当に怖い現代おとぎ話

人妻が急に暇だと申すので、急遽メンツをかき集めてLet'sテーブルトーク。
釣られた召集に応じてくれたのは2人。
北海道よりの使者・社内一女子力の高い男・Tさん
先輩に尻を叩かれる度に「ありがとうございます」を強要される社会の犠牲者・Kさん
急だったのに快諾してくれた挙句こんな扱いですけどどんな気持ち?ナイスガイズ。
その2名に諸悪の根源である人妻+きつねを加えて4人でもにょもにょする事になりまった。

使用システムは『インセイン』
TRPG未経験者が1人混ざっている為、またGMをするきつねもTRPGに触るのが久しぶりだった為、出来るだけ手軽なシステムがベネであろうと言う事。
そのTRPG未経験者がクトルゥフが好きという事だったので近い雰囲気が出せる者の方がいいかなーという判断でのチョイスでございました。

んで、問題のシナリオ。
何せTRPGやるよと言ってから開催は翌々日。
おまけにGMのきつねは更にその翌々日に締切を抱えるという状況でした。
システムを読み込む時間も足りなければシナリオを練り込む時間だってある訳なーい。
考えた末、方々から評判を聞く有志作成の『サルユメ』というシナリオを採用する事に決定。
同名のネット怪談を元に作られたというこのシナリオ、評判通り確かにエグい。
ホラーの醍醐味といえば「わけのわからん漠然とした恐怖」「人間の悪意」「目に見えるグロさ」これが全部盛り込まれていて、もうエグいとしか言い様がない。
これは恐ろしい感じに盛り上がるぞーと息巻いて準備を進めまんた。

だがしかし。

事件の黒幕に気付かれぬよう調査を進めるPC3!
真相の直前でファンブルを連発!
結果得たものは事件への手がかりではなく

『女子小学生のパンツ』

そのPC3の失態を挽回すべく別角度からの調査を行うPC1!
だが賽の目が振るわず調査に失敗してしまう!
そんなPC1を助けるべく前述のPC3は戦利品であるパンツをそっと手渡す!
目の前にはそのパンツの持ち主の保護者がいるのにどんな蛮勇だ!?

……これ……ホラーかなあ……?
正直シナリオを作成した人に申し訳ない吉本新喜劇が完成。
無事脱落者もなく続編セッションの開催が決定しましたが、ホラーってなんですかね?状態。
そんな事がありましたとさ。
【関連する記事】
posted by 狐 at 23:55| Comment(0) | 雑音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。